【徹底比較】アクアクララVSクリクラ 

 

アクアクララとクリクラはもとは同じ会社ということもあり、サーバーの雰囲気や価格帯が似ていますね。そのせいか、アクアクララを検討するとき、必ず比較対象となるように思います。そこで、アクアクララとクリクラを色々な角度から比べてみたいと思います。

 

アクアクララ公式サイト

クリクラの詳細はコチラ!

 

まずは基本情報を表にしてみますね。

アクアクララ

 

クリクラ

アクアクララ

アクアクララ,クリクラ,比較

h16-2

RO水

RO水

29.7度

硬度

30度

12l  1,296円

7l  972円

水の価格

12L 1,350円

6L  864円

回収

使用後のボトル

回収

赤ちゃんミルク使用

なし

サーバーレンタル料

なし

なし

初回金

7,000円※機種によりかかる

1,080円~1,620円/月

サポート料(メンテナンス料)

5,400円/年

6か月未満 3,240円~6,480円

1年未満  0円~3,240円

1年以上 0円~3,240円

解約料

なし

350円~1,000円/月

電気代

535円~1,300円/月

必要になったら注文

配送システム

定期配送(2週間に1度)

あり

無料お試し

あり

〇(アクアスリム/アクアスリムSのみ)

停電時使用

冷水6℃~11℃   

温水80℃から90℃

温度

冷水4℃~10℃、

 温水75℃から85℃

アクアクララ

公式サイト

クリクラ

アクアクララVSクリクラ 水で比較

アクアクララもクリクラも同じ水道水を逆浸透性膜でろ過したRO水にミネラル分を加えたもの。硬度はどちらも30度以下の軟水。なのでどちらも赤ちゃんにも安心してのませることができます。また天然水ではなくRO水で、硬度がいつも安定している点でも、赤ちゃんのミルク作りに適しています。

 

アクアクララVSクリクラ 価格で比較

 

サーバーレンタル料

これはどちらも無料。ただし、クリクラは省エネモードのサーバーは申込み時7,856円かかります。

 

水の値段
アクアクララ

 12L 1,296円、
 7L  972円。

クリクラ

 12L 1350円
 6L  864円。
若干の差ではありますが、アクアクララが安いです。どちらも12Lの他に軽くて扱いやすく少人数向けの6~7Lのボトルがあるのは嬉しいですね。

 

メンテナンス料

 

アクアアドバンス

アクアスリム・

アクアスリムS

クリクラ

サポート料

1,620円/月

1,080円/月

5,400円/年

 

アクアクララはアクアスリム、アクアスリムSは1年に1回、アクアアドバンスは3年に1回の専門スタッフによるメンテナンスがあります。クリクラも年に1年に1回専門スタッフによるメンテナンスがあります。

 

電気代

 

アクアクララ

 

アクアアドバンス

350円~

アクアスリム

700円~

アクアスリムS

1,000円~

クリクラ

クリクラサーバー

1,000円~1,300円

省エネタイプ

500円~

 

電気代だけでみると、アクアクララの方が安い!

 

解約手数料
 

アクアアドバンス

アクアスリム・アクアスリムS

クリクラ

6か月未満

6,480円

3,240円

0円

1年未満

3,240円

0円

1年以上

契約更新あり3,240円

0円

契約更新なし 0円

 

※アクアアドバンスは1年ごとの契約になります。なので契約更新ごと、1年未満の解約には3,240円の解除料がかかります。
解約の縛りを考えると解約料が一切ないクリクラは魅力的ですね。

 

クリクラの詳細はコチラ!

 

アクアクララVSクリクラ 注文ノルマで比較

 


アクアクララは注文ノルマはありません。
クリクラはクリクラは「3か月で6本は注文すること」になっています。
3か月に6本未満だとサーバーレンタル料が月1,080円かかってきます。

 

アクアクララ

クリクラ

最低注文数

1回2本以上

とくになし

 

アクアクララとクリクラ 赤ちゃん用プランで比較

 

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいるご家族も多く利用しています。
なので赤ちゃんのいるご家庭用に特別プランが用意されていることがあります。

 

アクアクララ

特典

・毎年12Lのお水5本分の無料チケットプレゼント
・ロック付き温水フォーセットプレゼント
・ママの喜ぶグッズをプレゼント

条件

母子手帳をもつ妊産婦さんから3歳未満のお子さんのいるご家庭

クリクラ

特典

12Lのボトルを最大9本無料プレゼント

条件

母子手帳をもつ妊産婦さんから1歳未満のお子さんをもつご家庭

 

クリクラのベビープランはちょっとだけ補足が必要です。「12Lのお水を3本を飲みきるまで」または「2か月間」のどちらかを無料体験できます。その後継続する場合、残り6本のお水が無料提供されます。継続しない場合は3本で終了、サーバーも返却となります。どちらかというとボトル3本分の無料お試しに近い感じです。

 

アクアクララは新規設置される方を対象にしたもの。その分、妊娠中のママだと特典を受け取れる期間が長くとってもお得。クリクラはじっくり無料でお試してみてから新規設置したい方には便利なプラン。

 

アクアクララ公式サイト

クリクラの詳細はコチラ!

 

アクアクララとクリクラ サーバー種類

 

アクアクララはサーバーの種類が豊富。

 

 

アクアアドバンスの詳細はこちら!

 

 

アクアアドバンス

アクアスリム

アクアスリムS

特徴

・床置き型  ・床置き型  ・卓上型 
・2重チャイルドロック  ・温水ロック  ・温水ロック 
・電気代350円 ~ ・電気代700円~ ・電気代700円~
・プッシュボタン式  ・蛇口型  ・蛇口型 
・UV除菌ランプ搭載  ・停電時出水可  ・停電時出水可 
・カラー8色  ・カラー2色 ・カラー1色 
・キャラパネルあり     

 

 

特徴

クリクラサーバーL、S

クリクラ省エネサーバー;

・床置き型・卓上型  ・床置き型・卓上型 
・電気代1,000円~1,300円  電気代535円~ 
・蛇口型  ・コック型 
・HEPAフィルター搭載  ・HEPAフィルター搭載 
・カラー1色  ・カラー1色 
・停電時出水可  ・停電時出水可 

 

アクアクララとクリクラ 操作性で比較

 

アクアクララ

アクアアドバンス

 

従来型の蛇口と節電型のプッシュボタン式。蛇口も扱いやすい。節電型のはプッシュボタン式で、チャイルドロックもボタンの長押しでらくらくオンオフできます。

 

アクアアドバンスの詳細はこちら!

 

クリクラ

 

実はクリクラは蛇口操作がしにくいとの口コミがありました。
アクアクララのスリムSと似ているように見えますが、アクアクララにはそんな口コミはなかったので・・・。
節電型のチャイルドロックもひと手間かかりちょっと面倒。

 

アクアクララとクリクラ 注文システムで比較

 

アクアクララ

必要な時に電話注文。(一部定期配送の場合もあります)

 

クリクラ

2週間に一度の定期配送。

 

私自身はアクアクララでも定期配送の地域。最初はショックでしたが、定期配送も結構便利かなと思っています。

 

なのでクリクラが定期配送なのでアクアクララの方が優れているとはいいきれませんが・・・。自由度の高さで選ぶならやはりアクアクララの方が良いと思います。

 

アクアクララとクリクラまとめ

 

アクアクララもウォーターサーバー業界では価格が安いのに、それを上回る安さのクリクラ。アクアクララを使っている私でも価格面で選ぶなら圧倒的にクリクラが優れていることは認めます!主婦にとって、価格ってとっても大事。でもななぜ私がアクアクララを選んだかというと、使いやすさと自由度が高い点でしょうか。

 

チャイルドロックや出水などの操作性ががアクアクララの方が優れているとおもったので。使う頻度の高いものなので、そこが面倒なのはちょっと・・・。多分、価格の差はサーバーの使いやすさに反映されているのかなって思ったんです。

 

注文ノルマも注文方法もアクアクララの方が自由度が高い。絶対に○○本頼まないと、という規定がない気楽さで私はアクアクララを選びました。
私の結論としては、

  • 長く使うなら使い勝手のよいアクアクララ
  • 長く使うかわからない人は解約料のかからないクリクラ

そんな風に思います。

 

アクアクララ省エネサーバー

 

 

関連ページ

クリティア比較
アクアクララとクリティアをあらゆる角度から徹底比較しました!
コスモウォーター比較
アクアクララとコスモウォーターをあらゆる角度から徹底的に比較してみました
アルピナウォーター比較
アクアクララとアルピナウォーター、赤ちゃんに適しているのは?価格は?などなどあらゆる角度から徹底比較してみました
フレシャス比較
アクアクララとフレシャスを赤ちゃんや小さいお子さんのいる世帯にも安心か、価格は?機能は?など徹底的に比べてみました。